雑記

哺乳類の先祖と「進化退化放射線源」のお話

投稿日:

今年(令和2年)から中学校の教科書が新しいものとなりました。これに合わせて、塾で使っているワークの問題も中身が変わったのですが、生物分野のとある問題でビックリです。

脊椎(せきつい)動物の進化に関する問題で、テキストに書かれた図表の哺乳類のところを見ると、なんと両生類から枝分かれしているではありませんか。「あれ、哺乳類はは虫類から進化したんじゃないの?」と疑問がわいたのですが、最近の教科書ではそうなっていないようで(すでに5年前くらいから記述が変わっているらしい)、遅ればせながら知識のアップデートを行いました。

かつての説明では、は虫類から過渡期の「哺乳類型は虫類」という系統が生まれ、そこから哺乳類に進化していったと語られていた(後でご紹介する、ドラえもん8巻でもこういう解説になっている)のですが、現在ではこの「哺乳類型は虫類」という言葉は使われません。このグループは他のは虫類と一緒にできない、分類的に別物だからだそうです。

では今では何と呼ばれているかというと、「単弓類」という名前がついている(※)そうですが、その中の1種である「トリナクソドン」のイメージを見てみると(ネコぐらいの大きさらしい)、かつての「哺乳類型は虫類」という名称の方がしっくりくるような気も……

トリナクソドン

By Nobu Tamura (http://spinops.blogspot.com) - Own work, CC BY 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=19459918

※「単弓類」という言葉は、頭骨の目の奥にある穴の数が左右1対の動物だよという意味で、厳密にはかつての「哺乳類型は虫類」と哺乳類をまとめたグループということになります。

というわけで、哺乳類の祖先となる単弓類と、は虫類は早いうちから枝分かれしており、は虫類は哺乳類の祖先ではありません。今後の授業でも、そのように解説していきたいと思います。

広告

【余談】 ドラえもんのお話

哺乳類の進化の話といいますと、「ドラえもん」のコミックス8巻「進化退化放射線源」があります。ドライヤーのような形をした道具で、光線を当てると人や物などを進化させたり退化させたりできる道具です。

もともとは、古くなったのび太のラジオを新しいものに変えようとして使うわけなのですが(今の時代だったら、のび太は最新式スマホなんかを欲しがるんでしょうね)、試しに部屋にいたネズミに光線を当ててみたら、あっという間に退化してしまうのです。

ネズミから、初期の哺乳類へ。それから「ほ乳類型は虫類」を経て、ずんぐりむっくりした原始的なは虫類になってしまい、街に出て大暴れを始めてしまいます。

先述の通り、哺乳類の祖先はは虫類ではないということで、現代ではこの描写も正確ではなくなってしまいましたが、それはさておきネズミが最後にはゴツい生物に形を変えるのが面白くて、この動物の名前を調べてみたら「スクトサウルス」だと一発で判明しました。ネットの力ってすごい!

スクトサウルス

こちらがWikipediaの写真ですが、こんなマンガ映えする生き物が過去にいたなんて、古生物の世界は面白いですね。

By Marco Romano, Fabio Manucci, Bruce Rubidge and Marc J. Van den Brandt - Volumetric Body Mass Estimate and in vivo Reconstruction of the Russian Pareiasaur Scutosaurus karpinskii Front. Ecol. Evol https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fevo.2021.692035/full, CC BY 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=106870053

なおこの後、のび太はネズミ捕りを進化させてこのスクトサウルスを回収するのですが、全自動のネズミ捕りマシーンにスポッと吸い込まれる姿はとてもシュールでした。

ところで、マンガで「ほ乳類型は虫類」とあった記述は、これから重版などの際に表現が変わっていくのかどうか、気になるところです(ひょっとしたら、すでに変更済みかもしれません。)

例えば27巻「のび太は世界にただ一匹」だと、ドラえもんが日本のトキはたった5匹しか生存していないと説明していますが、私の持っている本(2004年第72刷)では日本種がすでに絶滅してしまった(これは2003年のこと)旨が加筆されています。

ドラえもんから様々な教養・知識を得るという子供はとても多いので、そのあたりの取り扱いはとても丁寧だと思います。実は私も理科の授業で、恐竜の絶滅について説明するときは、大部分を「のび太と竜の騎士」の知識ベースで語っているのは内緒のお話です。

広告

-雑記

Copyright© あんず学習塾のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.