雑記

【新型コロナ】授業再開までにやっておきたい自主学習(小中高)

投稿日:

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、全国の多くの学校で休校措置がとられています。このまま新年度まで授業が行われないところも多く、休校時の内容のフォローについては見当がつきません。

2020年度は新しい学習指導要領に基づき、教科書の内容が一部変更されますので、テキスト購入の際は新課程対応のものを手に取るようにしましょう(すでに学校では、移行措置として少しずつ新しい内容を教えています)。

広告

予習もある程度必要か

新学期をスムーズに迎えるため、学年によっては少しずつでいいので予習をお勧めしたいと思います。あんず塾は復習中心で、予習を促すことはめったにありませんが、今は事態が事態なので特別です。主に英語と算数・数学を取り上げてみたいと思います。

予習として使えるネット教材の紹介ページも作成しましたので、合わせてご覧下さい。

以下、学年別の対策

現在小学5年生(新6年生)

5年生の算数は難しいので復習中心で行きましょう。割合単位量当たりの大きさ・平均、どれも日常生活との関連が強いため完璧にしたいところです。

この中では割合が一番手ごわいです。実は、小6の「分数のかけ算・わり算」を学ぶとすんなり理解できることも多いので、これを予習してから戻ってきてもOKです。分数のかけ算わり算は通分も要りませんし、すでに学んだ小数の計算に比べてかなり楽です。

小学校の卒業生(新中学1年生)

6年生の場合、もう新しい内容はありませんから、他の学年に比べて余裕があります。

中1数学の最初は正負(プラス・マイナス)の数の勉強から入ります。すんなり入り込める生徒と、混乱状態になる生徒と二極化しやすい傾向ですので、今のうちから少しずつ慣れておくとよいかと思います。

英語については、小学校と異なり読み書きの割合が非常に大きくなります。この時期に基本的な英文の書き方を身につけておかないと、いつまでたっても文頭を大文字にしなかったり、最後のピリオドを書き忘れたりと失点し続けることになってしまいますので、休校中は書くことのトレーニングを定期的にやっておくとよいでしょう。

中学1年生(新2年生)

まず数学について、「資料の整理」が中断したまま休校となっても、入試上の重要度は低めで、ほかの分野との関連性も薄く後からフォローしやすいので、あまり気にする必要はありません。

むしろ中2の最初が式計算から始まるので、プラスマイナスの扱いや一次方程式に不安があればそちらの復習に全力を注ぐべきです。

数学が苦手でなければ、中2のの最初は特別な補助なしにどんどん進められるので、文字式の四則(+-×÷)計算など行けるところまで予習してみてください。「○次式?」とか「次数は?」といった細かい話は後で学校で聞けばOKで、計算のみ確認です。

英語は、過去形の学習が中断している可能性がありますので、最後までやっておきたいところです。-edで終わる規則動詞のほか、goがwentに、seeがsawになるなどの不規則動詞もありますので1つずつ暗記です。教科書の本文(LessonとかUnitという名称のもの)で未習のところがあれば、辞書片手に最後まで訳してみてください。

中学2年生(新3年生)

数学は、確率が中途半端になっていたら要注意です。高校入試でも(さらには大学入試でも)とても重要です。教科書で「発展」とされている事項は不要ですが、それ以外はネットの無料動画などで最後まで確認し、問題も一通り解きましょう。確率分野はほかの分野との関連性が低く(応用問題はそうとも言いにくいけれど)、数学全般が苦手な生徒でも得点を狙いに行ける単元です。

次に英語について、比較級・最上級の重要度はあまり高くありません。例文も「この本よりあの本が……」と無理やりなものが多いですし。

むしろ3年生最初で「過去分詞」が出てくるため、その前提として過去形の復習を十分にしておくべきです。

中学3年生(高校入試を控えている場合)

もう新たな学習事項はないので、むしろ励ましあう仲間がいないなどメンタルの面で心配になります。本番前の学習についてアドバイスできることとしては、ここから先は新しい問題より、すでにやった問題のうろ覚え部分を取り除くことが重要です。一番もったいないのは「この問題、見たことある!!」のに、結局答えまでたどり着けないというケースです。解き方を言葉で解説できるくらいまで、理解度を深めていくことを目指してもらいたいと思います。

高校1年生(新2年生)

学校によって進度がまちまちのため、一概にアドバイスすることはできませんが、漠然と学習を続けるより、「英検○級に備える」のような具体的な目標設定をお勧めします。進学校であれば、何らかの指針が出されるとは思います。

高校2年生(新3年生)

もうこの学年であれば、自分なりの学習方法を確立しているでしょうから、あとはスケジュール管理をしっかりして(記録するのが一番です。スマホなどうまく活用しましょう)学習習慣をキープすれば大丈夫です。

理系向けの話となりますが、昔、医学部受験生向けのサイトで、春休み中に数III微積の計算を頭に叩き込んでおく(とりあえず手を動かして覚えて、理屈については後で学校で教わればよい)という話を聞いて、なるほどと思いました。改めてそのサイトを探してみましたが、見つからないのです。

普通の公立高校で理系の場合、高3はスケジュール的に厳しいことが多いので、試してみる価値は大いにあると思います。極限と微分の教科書例題レベルをこなすだけでもそれなりに効果があるはず。

数学IIIは内容が高度で、暗記すべきこともかなり多いため、テキストの独習だと辛いと思います。ネットの配信動画をうまく活用してみてください。今は会員登録が必要ですが、EDuPA(うまくリンクが張れなかったのでトップページ)で提供している講義動画をお勧めします。

広告

-雑記
-,

Copyright© あんず学習塾のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.